aws運用の可視化にはログ運用が最適

awsは大企業も採用するクラウドシステムです。

システムは設計や導入フェーズが大事な時期ですが、本当に重要なのは運用開始後の状況をウォッチする事で、運用開始後の状況を可視化するのに最適なのがログ運用です。参照元>>AWS運用

ログ運用はセキュリティ対策だけでなくユーザーの利便性向上のヒントにも役立てることができます。awsのログ運用について紹介します。

awsの運用代行を依頼するときにかかる料金の考え方

システム運用におけるログの重要性

awsをはじめとするシステム運用を行う際に必要不可欠な要素の一つにログがあります。ログとは、パソコンやシステム、アプリケーションなどで生じた様々なイベントを発生時刻とともに記録して収集する仕組みです。つまり、システム利用の足跡を残すのがログ運用です。

ユーザーが操作や参照などをした履歴はもちろんのこと、システムが自動で行うバックアップ処理や通信、そして重大な問題につながる恐れのあるエラーや障害状況も残さず記録します。ログ管理には大きく2つの目的があります。

1つは、システムを取り扱う企業のセキュリティ対策です。ログ管理を行う事で状況が詳細に記録されるため、不正利用や情報漏洩、外部からの攻撃などを監視する事で内部統制を強化することができます。もう1つは、ユーザーの利用状況を把握しトラブル時の迅速な対応を実現するための目的です。

システムは社内に所属する全員が使うものです。いつ、誰が、どのような環境でアクセスしたのかをログにすべて記録されます。利用人数が集中するような場面でネットワークトラフィックが混雑して利便性が落ちていないか、滞在時間が異常に長いUIなどは使いにくい欠点が隠されていないだろうか、容量がオーバーしそうなので容量拡大の準備を進める判断を行うなど、利用状況から改善ヒントを見いだすことで使い勝手を向上させる対策を素早く打てるようになります。

awsで設定しておくべきログ運用

awsにもログ運用を設定することができます。標準装備として備えられているログ機能と任意で設置できるログ機能があります。awsのようにオンラインでつながったクラウドシステムの場合には、アクセスの脅威は常につきまとう環境であるため、何か不具合があったときに過去の履歴を調べられるようにログ運用を徹底して行っておくことは大事なポイントです。

awsにはOS上のすべての動作を記録するログと、タスクやアプリケーション単位で記録できるログがあります。OS上のすべてのログは、アクセスしたユーザー情報や正常に作動しなかったときのエラーログ、ネットワーク通信に関するログなどがあります。

アプリケーション単位のログはEC2のアクセス状況だけを管理するログやファイル操作に関するログなどがあります。OS上のすべてのログは大雑把な位置づけにあり、ログインした時間とログアウトした時間は把握できますが、ログイン中に何を操作したのか細かく見ることはできません。

ログイン中の動作をウォッチするのにはアプリケーション単位のログを活用することになります。このようにログ管理は複数のログに渡って行動履歴を組み立てて確認する必要があり、それぞれの中核となるアプリケーションに必要最低限のログ運用を設定しておく事が必要となります。

ログ運用に最適なツール

aws単体でもログ管理を行う事は可能ですが、機能的には不十分です。常にログを目で見て確認する事は不可能であり、これを機能で補うためにawsではCloudWatch Logsというサービスを展開しています。

CloudWatch Logsはログ管理を行うツールで一般的にデータサーバーに格納されるログをAWSマネジメントコンソール上で閲覧することができたり、保存期間を任意で設定したりする事が可能です。また、標準のログは記録するだけですが、CloudWatch Logsを使えば、閾値を超えたときに自動的にアラートを発する機能も有しています。

常に人間の目で監視していなくても機械が自動的に異常状態を検知してくれるため、管理工数の削減にも寄与します。異常事態が発生したときにログの確認はできる限り速やかに行うのがベストです。CloudWatch LogsはUIでは、フィルタをかけて必要情報を素早く探したり、複数のログをまとめて参照することもできるため、ログ確認による原因追及までの時間を短縮することができます。

システムトラブル対応の時間も短くすることができる利点があるため、awsを利用しているのであれば、CloudWatch Logsを導入するのがおすすめです。

ログの設定には優先順位が必要不可欠

ログ管理には詳細設定が必要です。ログの保存期間や、スパンや取得する情報などです。すべてのログを細かく取得すれば、詳細情報を常に維持することができるようになりますが、その分容量やシステムに負荷をかけることになります。

重複するログは無駄であり、必要最低限のログにとどめておくことが大事なポイントです。重大なインシデントに結びつくエラーや障害関連を記録するログは、できる限り詳細情報を取得するのが望ましいのですが、社内向けなど利用ユーザーが限られている場合には、エラーが生じているかどうかの検知スパンは長めに設定しても問題ありません。

逆に不特定多数の利用ユーザーがいるECサイトなどでは、不正通信に関する情報はできる限り短く設定し、アラートをすぐに出せるように準備しておくことが望ましい方法です。可能であれば、awsの機能と結びつけて障害を検知したときにはサイトを停止する機能などを盛り込んでおくのがベストな選択肢です。

awsの運用状態を可視化して最適なシステム運用を実施

awsは一度システムを構築して走り出して終わりではありません。実運用の段階になると予期せぬ出来事が生じたり、ユーザーの利便性を向上する必要性などが生じます。エラー検知やユーザーの利用状態を確認する一番の方法がawsのシステムログを確認する事です。

awsの運用状態を可視化してくれる唯一の機能ともいえます。運用状態を可視化することで何がネックになっているのか、改善ポイントは何かを判別することができ、利便性の向上や改善に大きく役立ちます。最適なシステム運用を継続して高度化していくためにログ運用は欠かせない存在です。

awsのログ運用の最適化はシステム運用の高度化に直結

awsを利用するのであれば、ログ運用の最適化も同時に行う事が大切です。ログはシステム運用を視覚化してくれる存在であり、利用状況や障害状況を記録してくれます。セキュリティ対策として活用することはもちろんのこと、ログ情報を参考に利便性向上につなげる事もできます。

CloudWatch Logsなどのログ管理ツールを用いれば、簡単に管理ができるようになり工数も削減できる効果が見込めます。